現代人の健康と生活 現代人の健康と生活

image生活習慣病にならない為に定期的な健診を受けることが重要です

image

生活習慣病とは名前の通り、生活習慣が原因となって発症する病気のことを言います。偏食や喫煙、日頃の運動不足、過度の飲酒などの習慣や環境が日々積み重なっていると発症するリスクが高くなります。

生活習慣病には、高血圧や糖尿病などが挙げられます。そのほとんどが自覚のないまま進行してしまうので、血管、脳、心臓の機能を悪くしてしまいます。正常に動かなくなってしまった場所を元通りに戻すことは困難となってしまい、心筋梗塞や脳卒中などの恐ろしい大病を引き起こしかねないです。生活習慣病はサイレントキラーの名が付くほど恐ろしい病に結び付く疾患なのだということを再認識して、早期の健診を受診するように努めることが大切です。

生活習慣病は自覚がないので、いつもと変わらず何事もないように生活している間に動脈硬化が進む場合が多くあります。動脈硬化が起こってしまう原因には、血管の壁にコレステロールが溜まっていることと、高血圧で血管に負担がかかってくることで状態は悪化してしまいます。健康な血管は弾力性に富んでいて、必要な血液をそれぞれの箇所へ送ることができます。しかし、動脈硬化の進んでしまった血管は弾力性がなく、血液を送るための十分な通り道が塞がれてしまっている状態にあるために、血流は悪くなり十分な血液を全身の箇所に送ることが難しくなってしまいます。

生活習慣病が進行してしまうと、介護が必要になってしまうほど重篤な状態になってしまいます。日本人が介護を必要とする状態になってしまう疾患は、男性で脳卒中、女性では認知症が一番多いと言っても、次に多いのが男性と同じ脳卒中となっています。血圧や脂質のコントロールを適切に行うことができれば、動脈硬化の進行を抑えることができます。進行を抑えてあげることで、脳卒中の発症を防ぐことができます。脳疾患だけではなく心疾患で命を落としてしまう方は、死因の4分の1を占めています。生活習慣病を侮っていては、取り返しのつかない状態となり介護生活を強いられるようになりかねないです。